女性の場合は、ストッキングや靴に覆われて常に蒸れ、男性の場合だと靴下で蒸れていますので、匂いが取れにくい場所。入念に洗っているのに匂いが取れないときは、カモミールが助けてくれます。
アズレンという殺菌作用が匂いを分解、殺菌して足を清潔に保ってくれるのです。鍋にカモミールと水を入れ、煮出してローションを作ります。その液に足をひたすだけで匂いは解消。カモミールはハーブ売場で手に入ります。同様にカモミール入りの石けんで洗うのも効果的です。

靴の臭い対策

靴の匂い防止には、脱臭効果のある中敷きを敷いたり、消臭スプレーを使う方法もありますが、ここではどの家庭にもある10円玉とレモンを利用した簡単な方法を紹介します。
10円玉を3~4枚ずつ靴の中に入れておくと、銅がイヤな匂いのもとになるバクテリアを退治して匂いが取れます(10円玉は臭くならないのでご安心を)。
また、レモン汁を含ませたガーゼを、出かける30分位前に靴に入れると、レモンの酸が匂いを分解し、イヤな匂いがつくのを防ぎます。

コーヒーのかすにも脱臭効果

臭いのことを考えたら同じ靴は2日続けて履かないほうがいいのですが、お気に入りの靴だとそうはいきません。かといって何も手入れをしないとすぐ悪臭を放つようになってしまいます。

そこで、乾燥させたコーヒーのかすと新聞紙が大活躍。スーパーの袋の中にコーヒーかすを敷き、その上に新聞紙を広げます。そこに靴を置き、袋の口をしっかり閉めて一晩ねかせます。新聞紙が湿気を取りのぞき、コーヒーが活性炭の役目をして、匂いもすっきり。コーヒーの独特の香りがいやな臭いを消してくれます。